One Tap Buyの今後…

One Tap Buyの今後…

 どうもこんにちは!One Tap Buyの新プランが発表されて期待を胸に踊らせています「ひよっこ」です!今回はOne Tap Buyの新サービスについて書いていこうと思います!


1.One Tap Buyとは

 まずはOne Tap Buyが何なのか、さくっと紹介します。One Tap Buyとは1,000円から日米の株に投資ができるネット証券会社です。主な株主はソフトバンクとなっています。少額投資が売りのため、ターゲット層はこれまで資産運用の経験の無い初心者、特に若者です。
 One Tap Buyは独特の株の取引方法を採用しています。通常株の取引は単元ごとの購入が原則です(最近は1株から購入できる証券会社もあります)。そのため、購入単位は「株」でした。「楽天を○○株購入」といった感じです。ところが、One Tap Buyは金額単位で購入することができるのです。つまり、「楽天を5,000円分購入」という感じです。これはOne Tap Buyが予め購入してある株をOne Tap Buyと投資家間で売買することで成立しています。
 さくっと紹介ということなのでこんな感じでとどめておきます。


2.One Tap Buyの新サービス

 さて、One Tap Buyの新サービスは「日本株CFD(仮称)」です!個別の日本株の銘柄の上がり下がりを予想して、買い、または売りから注文してキャピタルゲインを狙う投資となります。簡単に言うと日本株を使ったFXです。これによって、チャートが右肩下がりの銘柄にも需要が生まれました!例えばみずほ銀行。これは配当利回りこそ良いものの、チャートは右肩下がりとなっています。そのため、キャピタルゲインを狙うには不向きな銘柄でした。ところが、この日本株CFDは売りから入れるので、長期保有でキャピタルゲインも得られます!
 また、金融当局からの許可が出れば金額指定でIPOに投資できるサービスも始めるとのことです。

 One Tap Buyのホームページにも3本の柱で今後について書いてあります。
(1)あの企業が仲間入り! (2)もっとわかりやすい価格 (3)おどろきの新サービスを 
 (3)は上記の日本株CFDや金額指定のIPOが当てはまると思われます。(1)は新規銘柄取り扱いの雰囲気がありますね!デモトレードが大変そうです笑 (2)は何でしょう?One Tap Buyは先月手数料の定額プランが廃止となり、売買の都度手数料が掛かるようになりました。その際も、新料金プランを出すことを書いていましたが、その後の音沙汰がなく、ある程度の金額の取引を行う投資家は、手数料が安い他のネット証券会社に移ってしまいました。移った投資家がうらやましくなるようなプランの発表に期待しています!


 本日は以上となります。将来、One Tap Buyをメインでより高額な取引を行っていくので、今後の展開に注目していきたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。また次回の記事も宜しくお願いします!!!

※投資は自己責任でお願いします!

hiyokko

コメントを残す

CAPTCHA