デモトレード収支結果(8月)

デモトレード収支結果(8月)

 こんにちは!帰省から戻ってきました「ひよっこ」です!本日はデモトレードの収支結果8月verを書いていきます。8月はアメリカの対中関税によって大きく下げた月でしたが、果たしてどんな収支となったのでしょうか???


1.収支報告

(日本株)
収  益:6,730円(先月比-70円)
利確回数:56回(先月比-36回)
最高元本:593,000(現在431,000円)

(米国株)
収  益:15,209円(先月比-3,891円)
利確回数:55回(先月比-64回)
最高元本:887,000円(現在528,000円)


 先月より日本株、米国株共に落ち込むという結果になってしまいました…。また、一部銘柄の元本高騰の影響で、1銘柄当たり1万円の元本という想定が合わなくなってしまいました。
 一方で最高元本に対しての収益の割合は日本株1.13%、米国株1.71%と、1%以上を達成しています!
 元本が高すぎ問題は解決しきれていないため、新しい元本方式を考えます。そのためにも個別銘柄の精査が必要になってきそうです。


2.銘柄分析

(日本株)
収益額ランキング
1位 楽天(2,343円)
2位 資生堂(1,204円)
3位 武田薬品(440円)
4位 ソフトバンクグループ(408円)
5位 ユニ・チャーム(317円)

利確数ランキング
1位 資生堂(7回)
2位 ユニ・チャーム、ニトリ(5回)
4位 セコム(4回)
5位は乱立のため省略

 日本株では資生堂の一人勝ちでした!何度か5%の高騰を記録し、高額な利確を実現しました。資生堂は長期チャートで右肩上がりな銘柄なので、是非ポートフォリオに加えたい銘柄の1つです!また、ユニ・チャームの快進撃が見られました。ユニ・チャームはアジアでの衛生用品首位です。今後、アジアは発展して衛生面の改善が注目されると睨んでいるので、資生堂と同じく自分のポートフォリオに加えたいと思います。
 IPOの上場価格を初めて上回って一気に注目度が上昇したソフトバンクの裏で低迷していた銘柄として楽天があります。一時1,300円まで上げた株価が先月に引き続き暴落し、950円まで落とし、私のリアルトレードも大損害を受けました…。現在はかろうじて1,000円を超えましたが、まだ不安定です。どうやら携帯事業の他社からの出遅れ感が響いたようです。

(米国株)
収益額ランキング
1位 タペストリー(4,262円)
2位 GE(2,844円)
3位 ボーイング(1,301円)
4位 GAP(1,232円)
5位 エヌビディア(688円)

利確数ランキング
1位 Twitter(5回)
2位 Apple、コストコ(4回)
3位 エヌビディア、セールスフォース、コカ・コーラ、GAP、P&G、ボーイング(3回)

 今まで上位に上がったことの無い銘柄が上位独占です!特にボーイングは私が個人的に注目している銘柄なので嬉しいです。タペストリーは配当金が魅力的な銘柄です。減配があったものの、まだ利回り4%ほどとなっています。
 利確数ランキングでは米中の経済戦争の影響が少なめな銘柄が上位に上がっています。TwitterはSNSですから、経済戦争と直接的な関わりを持ちません。Appleは中国での影響力は低く、日本が主な市場となっています。コストココカ・コーラP&Gは生活用品なので、暴落時の株価が安定しやすい銘柄です。こういった企業の製品の特徴や、その製品の主な市場について知っておくことが、安定したポートフォリオ作成には必須です。


 本記事は以上となります。できる限り元本を抑えて、安定した収益を生む、ポートフォリオを形成したいものですね!最後まで読んで下さりありがとうございました!また、次回の記事も宜しくお願い致します!!!

※投資は自己責任で!(皆さんの記事にあったので付けてみました笑)

hiyokko

コメントを残す

CAPTCHA