ソフトバンク(9434)

ソフトバンク(9434)

 こんにちは!One Tap Buyの巨額含み損を利確再購入で整理していたら、今までの含み益がパーになっちゃいました、『ひよっこ』です!いやー損切りって難しいですね…。
 さて、本日はソフトバンクについて書いていこうかな、と思います。宜しくお願いします!


1.ソフトバンクの今

 ソフトバンクとは皆さんご存じの通り、日本の3大携帯会社です。昨年の秋に上場したばかりで、上場1年に満たない銘柄です。ではスペックを見てみましょう。


 チャートはこんな感じです。公募価格(上場した時の値)が1,500円だったので、長いこと公募価格を超えられずにいました。それが5月の半ば辺りから徐々に上がり、8月9日に1,509円を付けて、公募価格を初めて上回りました!16日には終値で1,500円を超えて、その後は安定して1,500円以上をキープしています。上場した当初は同業と比べて高いなどと言われていましたが、このままゆっくりとしたペースでさらに上を目指しそうです。公募価格を上回ったのは良いんですが、ソフトバンクの最大の取り柄は配当金です!
 配当金は2019年3月期は37.5円でした。年2回の配当なので利回りは公募価格の5%と高めです。次期からは配当金が42.5円ずつとなるので、年間85円の公募価格基準で利回りは5.67%です。ソフトバンクは親会社のソフトバンクグループに配当金として資金を流しているため、安定した配当金を約束しています。
 業績は以下の通りです。


 おおよそ横ばいと、安定しています。2020年の予想が大きく上がっているのは何か自信があるということなのでしょうか?安定した業績は配当金も安定するのでありがたいことです。こう見ると、右肩上がりというわけでも無いですし、短期で取引するよりも長期目線で配当金を受け取る方が良いのかも知れませんね。


2.ソフトバンクの今後

 株価は個人的にはもう少し上がるのかな、と思います。9月の配当金確定までは上がり、その後少し下がるのかなって感じです。みんなの株式では1,600円超えを予想されています。また。Yahooファイナンスでは1,500円を超えた今でも、買い予想が先行しています。今後の動きが楽しみです。
 今後の展開として5Gが本格始動します。信号機を5Gの基地とすることができるようになったため、新参者の楽天が追いつけ追い越せ状態なのが気がかりです。一方で、日産はごたついていて株価が急落し、さらに減配発表がありました。その結果さらに株価が下落し、安定思考の長期保有者は徐々にソフトバンクに流れていると思われます。日産のごたつきは未だ解決には至っていないので、しばらくソフトバンクの上昇は続くと考えています。


 本日は以上となります。こうしてソフトバンクは徐々に高配当安定日本株としての地位を確立していくのであった・・・。
 チャートとか、業績グラフとか入れてみましたが、どうでしたか?少しでも見やすくなるよういろいろと試行錯誤しているところなので、もっとこうして欲しいとかありましたら、是非アドバイスいただきたいです!宜しくお願いします!本日も最後までありがとうございました!また次回の記事もお願いします!!!

hiyokko

コメントを残す

CAPTCHA