キャピタルゲイン投資法

キャピタルゲイン投資法

 おはようございます!台風に吹き飛ばされそうなひよっこです!本日は前回の記事で紹介したキャピタルゲイン目的の投資について書いていきます!(前回の記事の1つ目の投資方法:デモトレードと同じ!)


1.キャピタルゲイン投資法って何だっけ…?

 キャピタルゲインとは株の売買によって得られる利益のことです!例えば1,000円で買った株が1,200円に上がったため売りました。すると200円分利益が生まれました。この200円がキャピタルゲインです!なのでキャピタルゲイン投資法では積極的な株の売買をします。

 前回の記事で私の場合は、元本の1%の含み益で売却し、3%の含み損で追加購入すると書きました。しかしこれでは、資金力の無い私は破産してしまうので、元本10,000円以上からは5%の含み損で追加購入しています。詳しくはデモトレードの記事で書きますが、毎月20,000円ほどの利益を出しています。(デモトレードなので実際には資産は増えてません…トホホ)


2.キャピタルゲイン投資法のメリット・デメリット

 キャピタルゲイン投資法について分かったところで、次はキャピタルゲイン投資法にどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのかについて書いていきます。まずはメリットから!

 メリットとして私が一番大きいと感じているのは、「資金力の無い人でも出来る」です!各銘柄2,000円ずつの投資からなので、One Tap Buyの銘柄数であれば、70万あれば運用出来ます!70万も高いじゃん!って人は銘柄を厳選して減らせば良いんです!目安としては自分が投資する銘柄数×10,000円の資金で基本的には足ります。
 次に「複利の効果を受けられる」があります!複利とは元本に利益が出て、これらを再投資することで、元本だけで無く利益に対してもさらに利益が出ることです。例えば10%の利益が出る銘柄に1,000円投資します。1,100円(100円の利益)で返ってきたので、再投資します。すると1,210円(110円の利益)で返ってきます。おや?1,000円の時よりも10円増えましたね。この10円が複利の効果です。
 最後に「資産形成力が柔軟」です!初期資産が少ない段階からどんどん増やせます!資産に応じて銘柄数や初期投資額を変動させることで自分に合った無理のない範囲で投資が出来ます。私が考えるメリットはこんな感じです。次はデメリットです。

 一番大きなデメリットは手数料です。何度も売買を繰り返すことで手数料がかなり掛かります…。意外と掛かる手数料、One Tap Buyは手数料の定額制をやめてしまったので、今後の新しい手数料方式にかかっています。
 次に「利益の機会を逃した気になる」です。これは実際にはそんなことないのですが、精神的な面でダメージが大きいかな、と思います。例えば1,010円になったため元本に対して1%の利益が出たと言うことで売却します。するとその日、さらに5円上がり、1,005円で取引が終わりました。次の日、1,000円に落ちてしまいました。すると5円分損した気持ちになりますよね…。もし、1,015円で売っていれば今頃995円になっているので別に損した訳じゃないんですよ!でも損した気分になりますよね…。おっと、なりませんか笑

 まとめると、メリットは
・資金力が無くても出来る
・複利の効果を受けられる
・資産形成力が柔軟
 
 逆にデメリットは
・手数料が掛かる
・利益の機会を逃した気分になる(私だけかも)
 でした!


3.ひよっこが選ぶ厳選銘柄

 生意気な小見出しですみません笑 やってみたかったんです~
 私はOne Tap Buyでのみキャピタルゲイン投資をするので、銘柄もOne Tap Buyに限ります。
(日本株)
ソフトバンクグループ、ファーストリテイリング、トヨタ、(サイバーエージェント)、楽天、日本電産、資生堂、花王、オリエンタルランド、キーエンス、ユニ・チャーム、ニトリ
以上12銘柄
(米国株)
Amazon、Facebook、Google、Apple、Microsoft、(Netflix)、ディズニー、セールスフォース、(テスラ)、PayPal、アドビシステムズ、コカ・コーラ、マクドナルド、スターバックス、P&G、コストコ、ファイザー
以上17銘柄
 こんな感じです。大雑把な選考基準は長期チャートで右肩上がりであること、これからが期待できることです。()になっている銘柄は不安要素があるため、外すか迷っているという意味です。各銘柄については別の機会に~

 本日の記事は以上となります。少しぐだついてしまった感じがありますが、最後まで読んで下さりありがとうございました!今後も宜しくお願いします!!!

hiyokko

コメントを残す

CAPTCHA